投稿

第12回 戦争をしない決意とは……

  ウクライナの戦争はまだ終わらない。なぜ終わらないのだろうか。今朝のテレビで誰かが言ってた。「ロシアから始めた戦争だから、ロシアがやめなければ終わらない」って。確かにそうだろう。かつての日中戦争と同じだ。仕掛けた方がやめなければ終わらない。仕掛けられた方がやめるというのは全面的に降伏することだからだ。だから戦争はやってはいけないのだ。  ちょいと前に友人がSNSでぼやいていた。学生時代の仲間との宴席で、ウクライナの戦争に話題が及んだ。みんながみんなロシアを悪者にし、ロシアの敗北を求め、さらには「ロシアが北海道に攻めてきたらオレは銃を取って戦う」などとほざくので、「ロシアもウクライナも、誰も死んで欲しくない」と主張した彼は非難され、友だちをなくして帰ってきたそうだ。  これが平和憲法を戴く日本の現状だ。戦争放棄の理念は全くと言っていいほど形骸化したということではないか。「戦争はしたくない」と言えば友だちを失う。そんな社会になってしまったのはなぜだろう。もしかして、戦後行われてきた平和教育に問題はないのだろうか。  日本国憲法第9条の戦争放棄はアメリカからの押し付けだから改正すべきだという意見を言う人はいる。故安倍元首相はそういう考えで経験を動かしてきた。彼が教育基本法を全面改定したのはそういう路線の上でのことである。しかし、それはちがうようだ。  幣原喜重郎(1872~1951)という人物をご存知だろう。ポツダム宣言を受諾して日本の敗戦を決定した鈴木貫太郎内閣は昭和20年8月17日に総辞職し、これを皇族であった東久邇宮稔彦王が首班となって引き継ぎ初の皇族内閣を作ったものの二ヶ月も経たない10月9日に総辞職した。その後に総理大臣となったのが幣原喜重郎である。幣原内閣は翌昭和21年5月22日までと短期間ではあったが、吉田茂内閣が成立するまでの間戦後の改革の基礎作りをした。日本国憲法の草案を作成した内閣と言ってもいいだろう。ちなみに幣原は吉田内閣では国務大臣、その後衆議院議長に就任している。  この幣原喜重郎衆議院議長の秘書官をしていた平野三郎衆議院議員(1912~1994)が1951年2月に幣原から聞き取った話が平野文書として残っている★。この聞き取りは1951年の2月の終わり頃におこなわれた。そして、3月10日に心筋梗塞で急逝した。聞き取り当初幣原は平野に対して「この

第11回 女教員ですが、問題ってそれですか?

 ちょっと、間が空いたかな。暑さと精神的不調とコロナ禍の所為もあったけれど、ちょいと史料調べと分析にも時間がかかったりして。  もう少し明治期の女教員についての風評やメディアの見解を見てみよう。  明治33(1900)年5月9日の朝日新聞には「盛装の女教員」と題して「函館のある小学校の女教員某は毎日きれいな服を着て出勤し、授業中も化粧道具を取り出して化粧を直す。なので女生徒たちは親におしろいを買ってくれと言って収まらない(新谷による現代語訳)」というような記事が出てくる。チャラチャラした女教員というのは困ったものだという揶揄がたっぷり含まれた記事だ。この背景には女教員を増やしていかなくてはならない事情がある。  ちょいと数字が並ぶので恐縮だが、明治中頃の義務教育の就学率について見てみたい。森有礼文相によって小学校令が制定されて、義務教育制度が始まったのが明治19(1886)年。この頃は義務教育は4年であったが、明治20年の段階で就学率は45.00%でしかなかった。然るにその内実は男60.31%、女28.26%であった。なんとこの男女格差を見て欲しい。女子は学ばなくてよろしいとする近世の教育観がまだまだ支配的であったということだろう。義務教育であるにも拘わらず女子は半分以下が学校に通っていなかったということだ。  それが10年後の明治30(1897)年には、66.65%(男80.67%、女50.86%)にあがってきた。当時の規則では女子だけで一学級編制できる人数がいれば男女別学級にしなければならないということになっていた。そうすると女子だけの学級を作らなくてはならなくなるし、それを担当する女教員のニーズが増えるということになる。  さらに明治32年には72.75%(男85.06%、女59.04%)となる。女子の伸びに勢いがついてきたことに注目して欲しい。女子については、明治33年71.73%、明治34年81.80%、明治35年87.00%と鰻登りで数値が急上昇し、明治40(1907)年には97.38%(男98.53%、女96.14%)とほぼみんな学校に行くようになる★。言い換えると、この10年ほどの間に女子の修学が男子に追いついてきたということだ。  森が作った小学校令は明治23年と明治33年に改正されているが、明治33年の改正は将来的に義務教育を6年に延長することを

第10回 女教員ですが、何か問題でも?

  第6回に大正11年に流行った『 職業婦人の歌 』を紹介したが、その中で女教員はいい仕事のように歌われていた。しかし、女教員の世界はそう甘いものではなかった。  日本の教員養成を制度的に確立したのは明治19年の師範学校令であった。これを作ったのは最初の文部大臣森有礼。森は東京高等女学校の卒業式でこんな挨拶をして、女子教育の重要性を説きつつ、女性は天然の教師なのだと持ち上げた。      ----------------------------------------------------------------------------------- そもそも国家は男女でできている。だから国家の教育は半分は女子の教育だ。・・・・教育の大切さを考えれば女子教育は男子教育よりも重要だ。なぜなら賢い女子でなければ、賢くてやさしい母親にはなれない。ということなので、人間を賢くするも愚かにするもまずはいい母親を育てるかどうかにかかっている。女子は実に天然の教師なのだ。生まれながらの教師である女子の教育が充分でないうちは教育がうまくいかないのは当然のことである。                        (原文を現代語風に訳してみた)    森有礼「東京高等女学校卒業詔書授与式における演説」(明治21年7月12日)     ------------------------------------------------------------------------------------  そして、職業人としての女教員を養成するための師範学校(教員養成の学校)も各府県に作らせた。当初は師範学校女子部であり、やがて女子師範学校になったものも多い。女性教員を積極的に育成しようということであった。高学歴女子の生産である。「女は意見を言うな、ひたすら従え」と教えた『女大学』の時代〔 新谷恭明『校則なんて大嫌い! 学校文化史のおきみやげ』 61-63頁を参照してください〕にはあり得ない賢い女性像である。そして教師としての資質は生まれながらに女子には備わっているという文脈で過剰に期待していた。これもまた現代風に言えばジェンダーの押しつけみたいなものなのだが、時の文部大臣がそれだけ女性を高く買っていたことは教育史的にはだいじなことである。心に留めておいていい。  にもかかわらず、女性

第9回 戦争は人を憎むことから始めよう

イメージ
  そして10年の時が経ち、日本は再び戦争の時を迎えた。日露戦争だ。唖蝉坊は大阪に向かう途中のどこかで子どもたちが「ロチャコイロチャコイ」と廻らない舌で囃しているのに出会い、それが節めいているので、「ロシャコイ節」を思いついたという。  東洋平和に害ありなどゝ  無理な理屈をつけをった  ロシャコイロシャコイ  一天四海をわが物顔に  無礼極まる青目玉  ロシャコイロシャコイ  こんな調子である。やはり庶民的ナショナリズムそのものである。そして、そういうナショナリズムについて、「戦争になると、これは日本人の悪い癖だが、相手の下等な悪口をいふ。日清戦争の時のチャンチャン坊主式に、露助、青目玉、その他様々の言葉が飛んだ。その調子に乗った感じもあって、いささか慚愧の至りだが、私もそんな風な歌を逐次作った。」(添田唖蝉坊『唖蝉坊流生記』)といくばくかの後悔を含めて述懐している。  以前『地理教育 鉄道唱歌』の話をちょっとだけ書いたことがある( 『校則なんて大嫌い! 学校文化史のおきみやげ』 福岡県人権研究所 42頁)。おさらいになるけれど、初めて見る人の方が多いだろうから(残念なことに)ちょいと説明をしておく。いわゆる「鉄道唱歌」としてよく知られた曲のことなのだが、わが子に聞いても「そんなの知らない」と言う。ちょうど1900年、明治33年5月のことである。信じられないくらいの大ヒットだった。で、聴きたい人は こちら で聴いてもらえればありがたい。  それはさておき、その「鉄道唱歌」の人気に便乗して、その年には早速、よく似た「鉄道唱歌」と称する者が何種類か出たし、『○○唱歌』と題した唱歌本が雨後の竹の子のように登場した。それを僕は「なんちゃら唱歌」と呼んでいる。「鉄道唱歌」は駅名とそれにまつわるエピソードを次々詠み込んでいくので、地理教育と称した。同様に歴史教育であるとか、東京、岡山、京都といった地域限定の歌本も出た。さらに鉄道の次は『航海唱歌』であったり、日本を飛び出して『世界唱歌』というようなものも次々と発行されたのである。  時が経つと『衛生唱歌』(こちらも『校則なんて大嫌い!』に「健康は忠儀の証か、子どもの権利か」として書いた)とか、『公徳唱歌』『修身唱歌』『日本文典唱歌』『勤倹貯蓄豊年唱歌』『ねずみ唱歌』などといろんなものが歌本として世に出た。単純なメロディに載せて

第8回 〔閑話休題〕新しい識字問題の複雑さ

〔閑話休題〕ちょっと一休みして気分転換しましょうかね。  福岡県人権研究所では紙媒体によるニュース紙『りべらしおん』を6月から電子媒体に切り替えました。理由はいろいろあります。しかし、それらの理由をとりまとめて言えば新しい識字問題だからです。  それならば、IT機器を使い慣れていない人のために紙媒体の『りべらしおん』を続けるべきではないか、と考える向きもあるかと思う。しかし、それは識字運動の趣旨とは異なるのではないかと考えるのです。  「同和」教育運動の中で識字が大きな問題となったのは、被差別部落の「親たち」に読み書きの出来ない人たちがいるという事実に出会ったことに始まります。それは「親たち」であって、「子どもたち」ではありませんでした(とりあえず)。たとえば部落解放同盟の京都・行橋地区協議会の野田徳治委員長(1985年当時)の「そのころ(昭和30年代半ば頃-新谷注)、松蔭支部で教師の側から父母との連絡が全然とれない。という問題提起があり、よく調べてみると学校側からの連絡文(保護者会、家庭訪問など)を父母が読めないからだ、ということがわかったのです」(福岡県同和教育研究協議会編『解放教育の軌跡Ⅱ』1991)という証言がそれを物語っています。  そのようにして始まった識字運動は差別によって文字を学ぶ機会を失った人たちに対する補償活動であったということになります。差別によってあらかじめ文字を奪われた人たちに文字をあらためて獲得してもらうということが基本的人権を確保するための第一歩だったからです。そうした過程でたとえば人権関係の集会では特定の文書に「ふりかな」をふっていたのもそうした配慮であったと言えるでしょう。また、先に識字問題が「(とりあえず)親たち」と(とりあえず)という言葉を付記したのは 読み書き教室 や 夜間中学校 などが現在も求められているし、そのような識字活動が進行中ということを意味しています。  ところで、識字という言葉の意味は「文字を読めるようになること」(小学館『日本国語大辞典』)です。「読めるようになる」というのは単に「Aがエーだあることを情報として知る」ことではありません。  識字運動の中から教育理論を編み出したパウロ・フレイレは次のように書いています。 -----------------------------------------------

第7回 差別語は人を殺すよ

 話を愛国心に戻そう。  添田唖蝉坊は前回紹介した「拳骨武士」のような壮士演歌をひっさげて街頭で歌い、歌本を売って生業としていた。壮士演歌の最初のものは 「ダイナマイト節」 ではないかと言われる。それは添田唖蝉坊の言によれば「此の時から新流行歌、壮士節を『演歌』と称するようになつた」(添田唖蝉坊『流行歌・明治大正史』)そうである。どことなく「拳骨武士」に曲調が似ている気がするが、曲はテキトーであり、それにいろいろ替え歌の歌詞を載せて新作を作ったものらしい。  おおよそ定番としては 「愉快節」 「欣舞節」 というのがあって、この曲に時世に合わせた歌詞を載せて、その歌本を売って稼ぎにしたものである。歌詞は七五調の繰り返しなので乗りはいいし、替え歌による歌詞も載せやすい。       「愉快節」だとこんな感じかな。   愉快節  条約改正 徳川の幕政続きて三百余年 泰平無事に慣れしより  世は文弱に流れつゝ 上下優柔不断にて    士気は全く衰退し 眠る嘉永の六年頃    忽然一発砲声の 相州浦賀に轟きて    驚き攪る春の夢  《中略》 勇み進んでもろともに  対等条約断行し 赤鬢奴に泡吹かせ    多年の鬱憤晴らさんは 真に吾人の大急務    愉快じゃ  愉快じゃ                  (添田唖蝉坊『唖蝉坊流生記』)  「欣舞節」だとこちらが先らしい。   欣舞節 日清談判破裂して    品川乗り出す吾妻鑑 西郷死するも彼奴がため 大久保死するも彼奴がため  《中略》 万里の長城乗つ取つて  一里半行きや北京城よ   欣慕々々々々々々  愉快々々                (添田唖蝉坊『流行歌・明治大正史』)  ちなみにこの歌は日清戦争時にできたものではなく「戦争に先だつ四五年前に作られた架空仮想の歌である」と 『流行歌・明治大正史』に唖蝉坊は書いている。つまりは大衆の素朴なナショナリズムは草の根的に広まっていたのである。そして、《中略》の処には以下に示すような侮蔑語も挿入されていた。  唖蝉坊は「当時原価四厘の歌本を、壮士たちは一銭五厘で売つてゐた。私はそれを二銭で売つた」(添田唖蝉坊『唖蝉坊流生記』)そうである。明治23、4年の頃である。やがてこのような歌本売りは苦学生の生活費稼ぎの定番の一つとなっていった。たとえば『東京自活苦学生案内』(明治37

第6回 鬱憤はゲンコツで

 一方で、この頃(明治20年頃)、いわゆる自由民権運動の壮士たちによる演歌というものが登場してきた。川上音二郎の 『オッペケペー節』 なんかは聞いたことがあるだろう。これは生音が残っている。僕はCDも持っている。ま、多くの人は聞いたといっても、そういうものがあると聞いた程度で、曲自体は聞いていないのかもしれないけれど、それはそれでいいとしよう。で、そういう中から添田唖蝉坊という演歌師が登場する。たとえば明治25年、添田唖蝉坊20歳の時に作られたとされる 『拳骨武士』 (「武士」は「節」であったり、「武志」と書かれたりもした)は不平等条約改正がままならないことへの憤りを歌っている。                ※文中の 青い文字 をクリックすると参考資料が出ます。 ●力揃えば踏石さへも 上げてゆるがす ゲンコツ 霜柱   ドクシンロ フツエーベー シッケイキワマルゲンコツバイ ●早くたがひに覚悟をきめて 確乎(しかと)条約 ゲンコツ 結ばんせ   ドクシンロ フツエーベー シッケイキワマルゲンコツバイ  ●芸者狂ひが能ではないよ 国の安危を、 ゲンコツ、 議すがよい   ドクシンロ フツエーベー シッケイキワマルゲンコツバイ ♪♪他の歌詞は著作権上省略。youtubeで聴いてくださいな。  ※歌詞は添田知道『演歌の明治大正史』〔添田唖蝉坊・添田知道著作集Ⅳ〕より抜粋  この「ドクシンロ フツエーベー シッケイキワマルゲンコツバイ」というリフレインは唖蝉坊によれば「独清露仏英米どいつもこいつもオレを馬鹿にしてゐやがる、畜生メ、と言つたところである」(添田唖蝉坊『流行歌・明治大正史』〔添田唖蝉坊・添田知道著作集別巻〕)という言わば憎まれ口である。  聴いてみたい人はこの 『拳骨武士』 をクリックするといい。土取利行の名演が聴ける。  土取利行は若い頃はフリージャズで名をなしたミュージシャンであったが、「連れ合い」であった桃山晴江が添田唖蝉坊の息子添田知道の弟子であったことを機に桃山晴江亡き後添田唖蝉坊演歌の継承に力を入れるようになったんだと(鎌田慧・土取利行『軟骨的抵抗者 演歌の祖・添田唖蝉坊を語る』金曜日)。  で、土取利行によれば、「彼(添田唖蝉坊)はそこで従来の壮士たちの慷慨悲憤をぶちまける怒鳴り演歌ではなく、市井の民衆の心に沁み入る風刺、諧謔に満ちた歌を多く作り